使い方

【解説】UQモバイルでテザリングする方法|iPhone&Androidの設定方法

[st-kaiwa1]UQモバイルってテザリングできるの?[/st-kaiwa1]

[st-kaiwa2 r]もちろん使えるよ!UQモバイルのテザリングけっこういいんだよ![/st-kaiwa2]

 

UQモバイルを検討している人なら、テザリングが使えるかどうかって気になりますよね。

私も、カフェでパソコンを使ったりする際にテザリングをよく使ってます。出先でパソコンが使えるとかなり便利なので、テザリングが使えるかどうかって、やっぱり気になるポイントだと思います。

このページではUQモバイルのテザリングについて詳しく解説しています。

 

UQモバイルではテザリングが使えます!

UQモバイルは無料でテザリングが使えます。

申し込みも必要なく、すべての人が使えます。乗り換えた時点で早速テザリングが使えます。

ちなみに、大手キャリアのテザリング料金は以下の通り

  • ドコモ:無料
  • au:500円/月
  • ソフトバンク:500円/月

月500円ってばかにならないですよね。2年契約が終わるころにはテザリングだけで12000円も支払うことになります。UQモバイルならこの金額が無料になるわけです。

[st-kaiwa1]500円も毎月となると、けっこうな金額になるんだね![/st-kaiwa1]

 

テザリングの設定方法

iPhoneでのテザリング設定方法

  1. 設定アプリを開く
  2. インターネット共有をタップ
  3. インターネット共有をONに
  4. 下に表示されたパスワードを確認
  5. 接続したいパソコンやタブレットにパスワードを入力

 

Androidでのテザリング設定方法

  1. Android設定アプリを開く
  2. その他をタップ
  3. テザリングとポータブルアクセスをタップ
  4. テザリング方法を選択WiFiアクセスポイントを設定をタップし、「ネットワーク名」と「パスワード」を確認
  5. 接続したいPC、タブレットで確認したネットワーク名が表示されているWiFiを選択
  6. 「パスワード」を入力

テザリングの種類

手軽な「Wi-Fi テザリング」

もっとも一般的なテザリングの方法です。ふつうテザリングというと、Wi-Fiテザリングのことを指します。スマホからWi-Fiの電波を飛ばし、スマホの回線を他の機器(パソコンやタブレット)でシェアして、他の機器でネットに接続します。

スマホがWi-Fiルーターの代わりになる感じです。Wi-Fiの電波が多く混雑した時です。たまたまWi-Fiルーターを使う人が1ヶ所に集まる状況になると、電波が干渉して、接続が不安定になる場合があります。また、テザリング中は、スマホの電池の消耗尾が激しくなります。テザリングを長時間使うなら、モバイルバッテリーを持ち歩くとよいかもしれません。

また、ネックになるのは、出先で使うためには、スマホの充電ケーブルを持ち歩く必要があります。また長時間の使用のためにはパソコンの充電ケーブルも必要になるかもです。Wi-Fiテザリングに比べると、この点は少し面倒です。

安定性の高い「USBテザリング」

充電ケーブルがあるなら、USBテザリングがオススメです。

USBテザリングはスマホと、パソコンやタブレットをUSBで直接つないでテザリングする方法です。無線接続のWi-Fiテザリングに比べて、接続が安定します。さらにテザリングしながら、スマホを充電できます。接続したパソコンやタブレットから電気をもらって充電をすることができます。

ただし注意したいのは、接続先のパソコンやタブレットの電池消耗が激しくなるという点です。スマホの充電に電気を取られる分、へげしくバッテリー消耗します。長時間テザリングする場合には、パソコンも充電しながら、テザリングする方が良さそうです。

電池の消耗が少ない「Bluetoothテザリング」

「Bluetoothテザリング」という方法もあります。対応機種は多くありません。無線接続という点では、Wi-Fi接続と同じですが、Wi-Fiの代わりに、Bluetoothで接続する方法です。

通信速度はWi-Fi接続に比べると、かなり遅いです。これは、BluetoothがWi-Fiに比べて通信速度がそもそも遅いからです。また、Wi-Fiに比べると、ペアリングして接続する分多少接続の手間がかかります。また、Bluetoohなので、スマホが遠いと接続できません。

では、何がBluetoothテザリングのメリットかといえば、それは、電池の消耗が少ない点です。やはり、Wi-Fiテザリングすると電池消耗が激しいので、府電池消耗を抑えつつ、テザリングしたい場合には、Bluetoothテザリングが適しています。対応機種も多くないので、気になる人は確認してみて下さい。

 

UQモバイルのテザリング対応機種

UQモバイルでは、一部の機種はテザリングに対応していません。テザリングに対応しているかは、動作確認端末一覧から確認できます。iPhoneのテザリング対応状況は以下の通りです。

UQモバイルでテザリングが可能なiPhoneは以下の通りです。

iPhone 7以降のiPhoneはテザリングできない状況なのがネックですが、テザリングできない場合でも、対処法はあります。

対処法について見ていきましょう。

テザリングできないスマホの対処法

Wi-Fiスポットを利用する

Wi-Fiスポットってけっこうたくさんあります。レストランやカフェ、駅、コンビニなど街中では無料でWi-Fiを使える場所は数多くあります。Wi-Fiにつなげば、外出先でもパソコンやタブレットが使えます

特に、UQモバイルでは、ユーザー専用の無料Wi-Fiスポット「Wi2-300 for UQ mobile」を提供しています。スターバックスなどのチェーンのカフェはもちろん、街中の小さなカフェでも提供されていたりします。Wi2-300を使える場所ではこちらのステッカーが貼られています。

Wi2-300 for UQ mobileへの接続についてはこちらの公式ページを参照してみて下さい。

 

UQモバイルでテザリングできる端末を買う

テザリングを使いたいなら、テザリングできる端末を買うのも手です。

UQモバイルのセット購入なら、実質108円でスマホが買えたりします。なので、テザリングのためにわざわざ買うというよりは、契約の時にスマホもついでに買うという感じです。

たとえば、UQモバイルのおしゃべりプラン・ぴったりプランでは、「AQUOS sense」を頭金108円だけで、購入できます。

「AQUOS sense」は高いコストパフォーマンスを誇る東芝の人気機種で、もちろんテザリング可能です。

おしゃべりプラン・ぴったりプランなら実質108円でスマホが買えるので、テザリングできるスマホを2代目に購入するのはおおいにアリな選択肢だと思います。

[st-kaiwa1]スマホ2台持ちってなんか楽しいそうかも[/st-kaiwa1]

[st-kaiwa2 r]実質108円なら、とりあえず持っとくのはアリだね[/st-kaiwa2]

 

Wi-Fiルーターを持つ

Wi-Fiルーターを持ち歩けば、出先でパソコンが使えるだけでなく、スマホもWi-Fiで利用できます。Wi-fiは使い放題のプランが主なので、スマホも使い放題で使えます。また、Wi-Fiルーターなら、テザリングより高速で通信が可能です。

Wi-Fiで通信できるから、スマホはUQモバイルでも安いプランに申し込めます。Wi-Fiルーターは月々料金がかかりますが、メリットはとても多いので、テザリングできないなら、いっそWi-Fiルーターを契約してみると便利になります。

Wi-Fiルーターはたとえばwimaxなら月額2726円で使い放題です。

たとえば、UQモバイルのおしゃべりプランSと合わせて使っても、4706円となります。

[st-kaiwa1]スマホとWi-Fiルーター合わせても、大手キャリアの携帯料金よりかなり安いんだね[/st-kaiwa1]

 

テザリングの通信速度は?

高速モードなら問題なし

高速モードでテザリングすると、WebやSNSはもちろん、動画も止まらずに再生できています。通信速度としては10~20Mbps程度で、かなりサクサク通信できるという印象です。もちろんデータ量の使い過ぎには注意ですが、テザリング自体はとても快適です。

無制限プランはWeb閲覧やSNSはオッケー

無制限プランでテザリングすると、Web閲覧やSNSは問題なしです。ただし、動画が高画質だと再生しづらい場合があります。かなり画質を落として見るのが現実的かもしれません。たまにしかパソコンでネットを使わない人は、無制限プランのテザリングを使って、節約するのは賢い方法の一つだと思います。

 

まとめ

以上、UQモバイルのテザリングについてでした。UQモバイルのテザリングは無料で申し込み不要なので、とても手軽で重宝します

UQモバイルはiPhoneでテザリングできる機種が多くないのが難点ですが、Wi-FiスポットやWi-Fiルーターを上手く使うなどの工夫で、テザリングと同じような、使い方もできます。

ぜひ自分に合った方法を実践してみて下さい。