UQモバイルでiPhone

iPhoneXRよりハッピーな「iPhoneXそっくりスマホ」3選

更新日:

iPhoneの新モデルが遂に発表されましたね。

今回はマイナーチェンジですが、また価格が上がりました。

iPhone XS Maxはお値段は13万円~。512GBだとなんと17万円。

価格もMAXで、これだけ価格が高いと庶民には手が出ません...

 

となると狙うは、「iPhoneXR」です。

「”庶民向け”iPhoneX」として、廉価版の「iPhoneXR」が発表されました。

こちらは8万5千円

8万5千円!?たか...

廉価版!?

 

そんな中、Androidの方に目を向けると、スマホメーカー各社で「iPhoneそっくりスマホ」づくりが大流行しています。

スマホメーカー各社は、ベゼルレスで、見た目も機能も「iPhoneXそっくり」のスマホ作りに熱狂していております。

これが抜群のクオリティです。しかも低価格。

iPhoneXRを買うよりも、iPhoneXそっくりスマホを買う方がハッピーな今日この頃です。

というわけでけで今回は「iPhoneX”そっくり”スマホ」3選を紹介します。

 

HUAWEI  P20 lite

3万円を切る価格と充実の機能で人気に火がついていて、今一番人気のiPhoneX”そっくり”スマホです。

 

iPhoneXにそっくりな点

▼「ベゼルレス」&「切り欠きノッチ

▼「顔認証」でのロック解除

デュアルカメラ

人気も人気で、価格.comのスマホ人気ランキングで堂々1位

その人気っぷりから、格安SIMでは「HUAWEI P20 liteが安く買える!」という謳い文句で、各社キャンペーンや割引を実施し、客寄せパンダとして利用しています。

けっこう大幅に割引がされていたりするので、ユーザーとしてはおいしい状況です。

例えば、OCNモバイルONEでは、特定プランへの申し込みで「HUAWEI P20 lite」が7800円で買えるキャンペーンを実施中です。

OCNモバイルONEで「P20 lite」を見てみる

UQモバイルもおしゃべりプラン/ぴったりプランの月々の機種代金の割引で、実質13068円から「HUAWEI P20 lite」が購入できます

UQモバイルで「P20 lite」を見てみる

 

デザイン&機能ともに、iPhoneXそのもの。

遠くからみたら「あの人はiPhoneXをいじっているな!」となるでしょう。

ただし、ひとつ気になるのは処理速度です。ゲームを快適にやるには、少しスペックが足らないという声が多いようです。

個人的には気になりませんが、最新ゲームをガツガツやるとやはり違いがあるようです。

とはいえそれ以外の普段使いで気になることはないので、最新ゲームをやる人でなければ、「コスパ抜群」の一言に尽きます。

実際触ってみると、やはり抜群の使い心地です。

先進的な見た目ばがら、「庶民派」なスマホだと感じました。

そこが人気に火をつけた理由なのだと思います。

 

ASUS  ZenFone 5(ZE620KL)

iPhoneXにそっくりな点

▼「ベゼルレス」&「切り欠きノッチ

デュアルカメラ

◆「顔認証」でのロック解除

◆「ZenMoji」(アニ文字っぽい機能)

ベゼルレス切り欠きノッチ、そして縦並びデュアルカメラと、見た目かなりiPhoneXに寄せています。

ディスプレイサイズは6.2インチもあり、5.8インチのiPhoneXと比べると一回り大きいです。

 

機能面でも、iPhoneXの注目機能を一通り盛り込んだ感じです。

中でも注目は、iPhoneXの「アニ文字」を模した「ZenMoji」機能。

 

「ZenMoji」は、顔の動きに合わせて動くアニメキャラクターを録画して、LINEやメールで送信することができます。

「iPhoneそっくりスマホ」の界隈でも、アニ文字まで体験できるスマホは、なかなかお目にかかれません。

パクリ手も「アニ文字」というキワモノ機能にまでは手が回らない模様。

そういった意味で、ZenFone 5(ZE620KL)はアニ文字ができる貴重なスマホです。

興味がある方はぜひに。

 

価格は5万3千円とiPhoneに比べると全然安いですが、格安スマホとしては少し高めなほうです。

何でちょっと高いかというと、ゲームがそれなりにできるCPUを積んでいるからです。

「ゲームやアプリなどがサクサク動くか」といった処理能力を示すantutuスコアは13万点ほどあり、最新ゲームでもわりとストレスなくプレイできます。

 

あとZenFone 5は、ディスプレイが綺麗で、iPhoneXRに比べても一段上です。

ディスプレイがiPhoneXRは少しネックになっているので、ここはポイントになりそうです。

▼ ZenFone 5 ▼ iPhoneXR
「2,246×1,080ピクセル」&「Super IPS+液晶」 1,792 x 828ピクセル「 IPS液晶」

「Super IPS+液晶」は輝度が高く暗い所でも、見やすいのが特徴です。

有機ELには敵いませんが、液晶ではトップクラスです。

 

独自機能としては、カメラに学習機能(AI)があること。使用者の好みを学習して”いい感じ”の仕上がりで撮影してくれます。

 

OPPO R15 Neo

OPPO」と聞くと聞きなじみがないかもですが、サムスン、アップル、ファーウェイに次ぐ世界4位のスマホメーカーです。

そのOPPOが精魂込めて作り上げた「iPhoneXそっくり」の格安スマホこそが「R15 Neo」です。

iPhoneXにそっくりな点

▼「ベゼルレス」&「切り欠きノッチ

デュアルカメラ

◆「顔認証」でのロック解除

指紋認証なしで「顔認証のみ」のみのストロングスタイル

そんな強気なところもiPhoneXにそっくりです。

 

サイズはiPhoneXよりも一回り大きなサイズです。

「縦に長い」という印象。

 

OPPO R15 Neoの最大の売りは「価格」でしょう

価格は「2万5千円~」と激安。

iPhoneXRが8万5千円なので、OPPO R15 Neoを3台買ってもお釣りが来ます。

激安とはいえ、iPhoneXっぽい機能と見た目を持ち、決して安っぽさありません。

むしろ高級感すら漂いながら、この価格です

 

発売から日が浅いですが、価格.comの人気ランキングでも2位と堂々の人気ぶり。

いま「HUAWEI P20 lite」に次いで人気があり、今いちばん勢いのある「iPhoneそっくり」スマホです。

 

注目は大容量のバッテリー。iPhoneXと比べてもかなりの大容量です。

OPPO R15 Neo iPhoneX
4230mAh 2716mAh

これだけバッテリー容量があれば、電池切れのストレスは大幅に減りそうです。

 

スペック面ですが、この価格ですので、「ゲームがバリバリできるCPU」や「高画質のカメラ」は搭載していません。

普段使いなら問題なしの必要十分のスペックといったところです。

スペック云々よりも、シンプルで「使いやすい」ということでよく売れているみたいです。

とにかく「安くて良いスマホ」と思ったらOPPO R15 Neoは最適な一台と言えるでしょう。

 

まとめ

iPhoneXRに代わる「iPhoneXそっくりスマホ」を紹介しました。

iPhoneの値段が上がる一方で、格安スマホはどんどんと価格を下げ、ハイコスパっぷりを高めております。

ほんとに便利になってきています。

ぜひ貴方も「iPhoneそっくりスマホ」試してみてはいかがでしょうか。

-UQモバイルでiPhone

Copyright© ぼくのわたしのUQモバイル , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.