料金プラン

おしゃべり・ぴったりプランのカラクリ|不都合な真実・デメリットを徹底解説【UQモバイル】

更新日:

 

「ユーッ!キューッ!」

UQモバイルのCM、最近よくやっていますよね。

特に推しているのがおしゃべりプランとぴったりプランです。「スマホ、イッキュッパ、1980円!」って推してる、あのプランです。無料通話ができて、ネットができて1980円となると、確かに、すごく安くてお得に見えますよね!

「えっ!?めちゃくちゃ安いじゃん」って私も思いました。でも、うまい話はなくて、そこには、やはりカラクリが存在します。

私自身、UQモバイルをしばらく使っていて、そのカラクリがいくつも判明しました。使い始める前に知っておきたかったものです。

この記事では、そんな、おしゃべりプラン・ぴったりプランのデメリット、カラクリについ徹底的に明らかにしたいと思います。

 

そもそも、おしゃべりプラン、ぴったりプランってどんなプランなの?

おしゃべりプラン・ぴったりプランは、データ定額+無料通話のプランです。

UQモバイルによれば、料金は下の表のとおり。

 

「月額1980円、さらに家族割で1480円」というのが、UQモバイルが提示している価格です。

たしかに一見すると、すごく安いですよね。でも、この表にいくつかのカラクリが隠されています。

 

イッキュッパの1980円は1年だけ

 

イッキュッパの1980円は、1年だけです。

2年目以降は、1000円増しになります。

圧倒的な低価格をうたっておきながら、料金が1000円増えます。

2年目以降はイチキュッパ割という、謎の割引が適用されなくなるので、それで1000円増しです。

「1980円!」と深田恭子が言っているのは、1年目に限った話です。

「1980円~!」の「~」という言葉には、「2年目に1000円増えるよ!」という意味が含まれているのです。

 

家族割も1年だけ!2年目は500円増

家族割もCMも流して、すごく推していますよね

「家族割でイチヨンパ1480円、家族丸ごとUQだぞ!」ってやつ。

 

でも家族割の適用も、最初の一年間のみです。

つまり、家族割がなくなる2年目は、さらに500円増しです。

だから、CMは正しくはこうですね⇒「家族割でイチヨンパ1480円。ただし、イチキュッパ割と家族割の適用は1年間のみで、2年目は1500円増しになるから、月々の支払いは2980円だぞ!ユーッ!キューッ!」

1480円⇒2980円って倍以上の金額ですよね。

 

完全なる「2年縛り」

おしゃべりプラン・ぴったりプランは、25か月以内に解約すると契約解除料10260円を取られます。

さらに、契約時に分割でスマホを買った人は、安くスマホを購入したつもりが、残り全額を解約のタイミングで支払うことになります。

「契約解除料」と「スマホ代金の残債」、この2つがあるから、2年間は他のキャリアに移動する自由がありません。

これらは、ドコモ、au、ソフトバンクなどの大手キャリアと同じ「2年縛り」と呼ばれる料金システムです。

せっかくの格安SIMなのに、大手キャリアと同じ、2年縛りなんです。

 

「思う存分SNS、データ消費量ゼロ」⇒ インスタは厳しいです

「思う存分SNS、データ消費ゼロ」ってCMもあります。

 

UQモバイルには、通信速度を300kbpsの低速モードに切り替えると、データ消費量がゼロになります。でもこれって、「速度制限にかかった」のと、同じ状態なんです。だからデータ消費ゼロって、まあそりゃそうですよね。

この状態でも、twitterはLINEは確かにできないこともないですが、インスタグラムは正直、読み込みが遅いです。ストレスを感じるレベルです。

画像や動画が中心のインスタグラムは、読み込みで止まってしまうことが多く「快適に使える」とは言い難いのが正直なところです。

3年目以降はデータ容量が半分になる

3年目以降は、データ容量が半分になります。

UQモバイルが提示しているデータ容量は、「データ通信量、倍増キャンペーン」の適用時のもので、3年目はキャンペーンの適用がなくなります。

したがって、3年目のデータ容量は半分になります。

6GBのプランのつもりが、次の月から3GBになったら、ちょっとやりくりできないですよね。

 

おしゃべりプラン、ぴったりプランにメリットはあるのか?

これだけ、デメリットを並べると「デメリットしかないじゃん!」という感じでしょう。

でも、私自身はデメリットに目をつむり、UQモバイルのおしゃべりプランMを利用しています

なぜ、これだけデメリットがあるのに、「UQモバイルのおしゃべりプラン」を私が利用しているのか。その理由を話したいと思います。

 

通信速度が圧倒的に速い

UQモバイルの通信速度は、他の格安SIMに比べて、これはもう「圧倒的に速い」です。

そもそも格安SIMというのは、大手キャリアの回線を借りて、ネット通信を提供するサービスです。

その性質上、大手キャリアの通信速度を上回ることがありません。

そんな中で、UQモバイルは、唯一、「大手キャリアの通信速度に匹敵する」レベルの通信速度があります。

 

私は、「格安SIMにして節約したいけど、ネット通信で不便を一切感じたくない!」と考えてました。そうなると現状では、UQモバイル以外に選択肢がなかったです。「通信速度が妥協できないなら、消去法でUQモバイルになるよね」というような感じです。

 

機種代が実質108円だったから

UQモバイルは、2年縛りを守っている限りは、機種代が108円で購入できます。

頭金108円を支払うと、機種代の分割払いを相殺する形で、マンスリー割という謎の割引が適用されます。

なので機種代は頭金の108円のみです。「分割払いを律義に守る」、つまり「2年縛りをしっかり守る」、この限りにおいては機種代金が実質108円です。

実質108円だからといって、おもちゃみたいな格安スマホということもなく、コストパフォーマンスに優れた人気の機種です。

iPhoneやGalaxyの最新機種というわけにはいきませんが、そこそこの性能がある機種がたった108円で使える、これが僕がUQモバイルを使い続ける理由の一つです。

高負荷の最新ゲームなどをやると、少し読み込み速度に差が出ますが、それ以外の、ネット閲覧やアプリの使用、SNSなどで読み込みが遅くてストレスを感じることはなかったです。

なので、私の使う範囲では、最新のハイスペックの機種は必要なく、安価なコスパ型の機種を利用しています。

 

データ容量半減は「機種変更」によって回避できる

3年目以降はデータ容量が半分になる。このことを、おしゃべりプラン・ぴったりプランのデメリットとして挙げました。

このデメリットは、実は「機種変更」によって回避できるのです。

UQモバイルには、機種変更すると、「増量オプション」なるものが適用され、「データ容量の半減」を回避できます。

機種変更は実質108円なので、今の機種を使い続ける場合でも、とりあえず機種変更するようにします。

そして、新しく手に入れたスマホは、予備に置いておくなり、売るなりすればいいのです。108円の機種でも、新品未開封なら、1万円以上の買い取り価格が付きます。

 

トータルコストが、けっきょく安いから

UQモバイルが提示している価格よりも、2年目以降高くなります。

でも、値段が上がるのを加味しても、UQモバイルのトータルのコストは、やっぱり大手キャリアのそれよりも、安いのです。

UQモバイルとauで比較してみましょう。スマホを購入して、新規で契約した場合の料金比較です。

それぞれの利用料金は、表のとおりです。

UQモバイルの支払額は、増額後もauの半額以下です。

2年間の合計金額は、auは16万円、UQモバイルは5万円となります。

2年間のトータルコストは、1/3以下という結果になりました。

UQモバイルは、巧妙なカラクリがありながらも、大手キャリアよりも格段に安くなっています。

やはり、大手キャリアと格安SIMの比較になると、月々の支払額に圧倒的な差が出るのは避けようのない事実です。

 

UQモバイルが唯一の選択肢だった、その理由は

現在、格安SIMのキャリアの数は、主要なものだけでも20社以上あります。加えて、大手キャリアも選択肢として挙がります。その中で、UQモバイルを選んで使っているのには、私なりの明確な理由があります。

「通信速度の速さ」と「安さ」を両立しているのが、実はUQモバイルぐらいなものだったからです。

 

大手キャリアは値段が高く、他の格安SIMは通信速度が少し遅い。

となると、「大手キャリアの高い料金を支払いたくない」「でも、通信速度は妥協したくない!」と考えた私には、UQモバイルが唯一の選択肢として残りました。

これが、私がUQモバイルを使い続ける理由なのです。格安SIMに興味はあっても、不便になるのは嫌だという人がほとんどなのではないでしょうか。

複雑なカラクリがありながらも、UQモバイルは他の格安SIMと比べると、頭一つ抜けているというのが私の感想です。

賢く節約したいなら、UQモバイルは、唯一、安くてストレスのない格安SIMであると考えています。

もしUQモバイルで節約したい方は、UQモバイルの公式ページから申し込でみて下さい。

-料金プラン

Copyright© ぼくのわたしのUQモバイル , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.