UQモバイルで2回線目を契約する方法【複数回線・2台持ち】

ひつじくん

UQモバイルって、一人で2回線目を契約することはできる?

という人向けの記事です。

「スマホ2台持ちしたい!」「タブレット用にSIMが欲しい!」などで、2回線目の契約を検討している方も多いと思います。

UQモバイルでも2回線以上の契約が可能です。2回線目には月々500円割引も付いてきます。

ただ2回線目を契約するとなると、いくつか注意点もあります。

本記事では

  •  2回線目の申し込み方法
  • 2回線目で注意点すべきポイント
  • 2回線目の便利な使い方

など気になるポイントを解説していきます。

ねこお

確実に2回線目を契約する方法を見ていこう!

※当記事は執筆時点の情報です。契約時は公式サイトも確認ください。

UQモバイルへの乗り換えなら

  • キャッシュバックあり
  • 機種代金が最大18,000円値引き
  • 来店不要・待ち時間なし

オンラインショップがお得です。

UQ mobileオンラインショップ

 

2回線目の申し込み方法|ふつうに申し込めばOK

2回線目の申し込みは、1回線目と同じで「ふつうに申し込みをする」だけでOKです。

UQモバイル公式ページ」から申し込みを進めていきましょう。

2回線目の契約なら、SIMカードのみの契約で申し込みを進めていきましょう。下の方にスクロールしていくとSIMのみの申し込みボタンがあるはずです。

SIM単体の新規契約は3,000円キャッシュバック

SIMのみの新規契約では3,000円キャッシュバックが付いてきます。(2020年6月現在)

SIMのみの契約のキャッシュバック

乗り換え(MNP):10,000円

新規契約:3,000円

なお以下はキャッシュバックの適用対象外です。とくにエントリーパッケージは盲点になりやすいので注意しましょう。

キャッシュバック適用対象外となるもの

UQ mobileのオンラインショップ以外からの申し込み
エントリーパッケージからの申し込み
月額料金未払いの場合
メールアドレスが無効などで連絡ができない場合

ID・パスワードは回線ごとに発行

IDとパスワードは回線ごとに発行されます

UQモバイルでは、ひとつのIDとパスワードで複数回線を一括で管理する方法はありません。それぞれのIDとパスワードをしっかり管理していきましょう。

2回線目の契約で注意すべきポイント

2回線目を契約するときの注意点は以下。

2回線目を契約するときの注意点

2回線目には家族割が適用される

UQモバイルでは最大5回線まで契約できる

スマホの分割払いは2台まで(ただし複数回線なら3台目も可)

それぞれ見ていきましょう。

2回線目には家族割が適用される

一人で2回線を契約した場合も、2回線目に家族割が適用されます

UQモバイルでは、同一姓かつ同一住所であれば、たとえ同一人物であっても家族割の対象です。

UQモバイル公式ページでは以下のように書かれています。

Q:ひとりで2回線契約しているのですが、「UQ家族割」を適用することはできますか?

A:はい、できます。契約者の苗字、住所が同じであれば、同じ契約者でもお申込みいただけます。3回線以上10回線までの場合も、同様です。

※すべてのご契約が、ぴったりプランまたはおしゃべりプランであることが条件となります。

引用:よくある質問(UQ mobile)

ちなみに家族割のほかに「複数回線割」のような特別な割引はとくにありません。きっかり500円/月が割引される形です。

UQモバイルでは最大5回線まで契約できる

UQモバイルでは5回線まで契約可能です。

ただし、90日間は契約できる回線の数は「2回線まで」となります。

90日以内に3回線目を申し込みしても、審査で落ちてしまいます。どうしても3回線目が必要ならは90日待つか、別の格安SIMと契約する必要があります。

またさらに「90日間は家族と合わせて3回線までしか契約できない」というルールもあります。

ここでいう「家族」とは契約者と「同一姓・同一住所」の人のことです。

以上の回線数のルールをまとめると以下の通り。

回線数の制限

UQモバイルでは5回線まで契約可能

ただし90日間は…

  • 一人で契約できるのは2回線まで
  • 家族と合わせて3回線まで

スマホの分割払いは2台まで|ただし複数回線なら3台目も可

UQモバイルには「スマホの分割払いは2台まで」というルールがあります。

Q:分割支払い契約で3台目の携帯電話端末を購入したいのですが、可能でしょうか?
A:いいえ、できません。割賦の契約は最大で2契約までとなります。なおご契約中の割賦を1台、一括で清算いただいた場合は、1台追加でご契約いただくことが可能です。
※一つ前の割賦契約から6か月を経過していない場合は、ご契約いただけません。

引用:よくあるご質問(UQ mobile)

ただし、これは一つの通信契約に対するルールです。

「一人で3回線を契約して、全て分割払いでスマホを購入する」ことは可能です。

UQモバイル公式のチャットの問い合わせにて、確認したところ

オペレーター

「同じ名義での割賦契約は2台まで」という制限は、1つの通信契約に対する制限となります。

一人で3回線を契約し、3台スマホを分割払いで購入することは可能です。

という回答を頂きました。

したがって「複数回線を契約すると割賦契約ができなくなる」というようなことは一切ありません。

家族4人でそれぞれスマホを1台ずつ割賦契約することも、もちろん可能です。

上記のQ&Aで言っているのは、一つの回線で短期間に機種変更を繰り返した場合に、3台目が割賦契約できないということを指しています。

こんな時に2回線目を使ってみよう

2回線目の活用例としては、以下が挙げられます。

2回線目の活用例
  • タブレット用にSIMカードにする
  • デュアルSIMスロット用にSIMカードを契約する
  • 仕事用」と「プライベート用」でスマホ2台持ち

ねこお

2回線目の活用例をみていこう!

デュアルSIMで通信費を節約する

SIMカードが2枚挿せる「デュアルSIMスロット」のスマホをお持ちなら、大手キャリアとUQモバイルを組み合わせて通信費の節約も可能です。

家族割があるから格安SIMに乗り換えできない人も、

  1. 大手キャリアで最安プランに切り替える
  2. UQモバイルでデータ容量を補う

という2つを実行すれば、使い勝手はそのままに料金を節約できる可能性があります。

例えばドコモで契約中なら以下のような節約が可能です。

ドコモでの節約例

◆変更前

ドコモ「ギガホ」(30GB):月額5,980円

◆変更後

 月額データ容量
ドコモ
「ギガライト」
1,980円~1GB
UQモバイル
「スマホプランR」
2,980円10GB
(超過時も最大1Mbps)
合計4,960円約10GB

UQモバイルに乗り換えてしまう場合に比べると、節約は大きくないですが、月々1,000円以上は確実に節約できます。

年間で1万円以上は安くなるので地味に大きいはず。

サブ回線としてUQモバイルをしばらく試してみて、メイン回線に切り替えるのも良い方法です。

メイン回線を「ギガホ(ドコモ)スマホプランR(UQモバイル)」で切り替えれば、月々3,000円、年間36,000円の節約も可能です。

SIMカードが2枚挿せるスマホをお持ちなら、このあたりの節約はぜひ試してみると良いですね。

タブレット用にSIMカードにする

「タブレットを持ってるけど、家のWi-Fiでしか使っていない」という人は、出先でタブレット使うためにSIMカードが1枚あると便利です。

通話機能なしの「データ通信専用のプラン」を契約すれば、安くタブレット用の回線が手に入ります。

 月額データ容量
データ高速プラン980円3GB
データ無制限プラン1,980円無制限
※速度は最大500kbps

とくにデータ高速プランなら月額980円とかなり割安です。

外出先や旅行先で、調べものをしたり動画を見たりと、お手持ちのタブレットの使い方の幅がグッと広がるでしょう。

「仕事用」と「プライベート用」でスマホ2台持ち

スマホの2台持ちも便利です。

仕事用とプライベート用でスマホを分ける使い方ができます。

2台持ちなら、仕事とプライベートのオンオフで切替もできますし、Facebookで「もしかして知り合い」仕事の人が出てしまうなどの気まずい事態も避けれます。

また、スマホゲームをたくさんする人は、電池切れ対策にゲーム専用機にもう一台持つのもありかもしれません。

まとめ

UQモバイルの2回線目の申し込み方法、注意点など紹介しました。

UQモバイルの料金なら、2台持ちやタブレット用のSIMの契約も、かなり安く抑えることができます。

2回線目を利用すれば「キャリアのプランを最安に変更する」「外出先でタブレットをガンガン使う」など新しい選択肢が見えてくるはず。

ぜひ2回線目を利用して、もっとお得にスマホやタブレットを使っていきましょう。

【2回線目の契約はこちら】

UQモバイル オンラインショップへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です