UQモバイルでiPhone

メルカリで中古iPhoneを買う方法と注意点|中古&格安SIMで賢く節約

更新日:

スマホの機種代金ってバカにならないですよね。

安くスマホを買うなら、中古スマホがオススメですよ!

中古で、型落ちの機種を狙えば、安くスマホを買うことができるんです。

中古で特に狙い目なのが、ご存じiPhoneです。数が出回っているので、安く良い品が手に入ります。

「中古iPhoneをどこで買うか?」ですが、メルカリがオススメです。

>>メルカリ公式へ

メルカリは売りたい人から直接買うから、中古ショップに比べ安く買えます。

価格設定も素人がするので、破格の値段で買えることもあります。

ただし、メルカリは素人同士の取引なのでいくつか注意点もあります

注意しないと、粗悪な商品をつかまされることもあります。注意点を正しくチェックして、良品のiPhoneを安く手に入れましょう!

この記事では、メルカリでiPhoneを買うときのチェックポイントを紹介しています。

それではチェックポイントを見ていきましょう!

SIMロックが解除されているか

「SIMロック解除済」かチェック!

SIMロックが解除されているかを確認しましょう。

ドコモ、au、ソフトバンクで買ったスマホは、自社の回線でしか利用できないようにロックがかかっています

つまり、ドコモで買ったiPhoneは、ドコモの回線でしか通信ができないようにロックがされています。

出品者がこのSIMロックを解除したうえで出品しているのかを確認する必要があります。

メルカリで買うなら、商品説明の欄に「SIMロック解除済み」など明記されているかを確認しましょう。

記載がなければコメントで質問しましょう。「SIMロックは解除してありますか?」と。

SIMロックを解除してあるiPhoneならば、どこの格安SIMでも使えます

マイネオでも、UQモバイルでも、ワイモバイルでも、どこでも使えます。

SIMロックでもオッケーの場合も

ただし、SIMロックがかかったiPhoneでも、格安SIMの回線と一致していれば使えます

これはどういうことか。例えば、UQモバイルはau回線なので、auでSIMロックされているiPhoneならば使用可能ということです。

格安SIMの回線は、大手キャリアから借り受けた回線を使っているので、ドコモ回線、au回線、ソフトバンク回線のいずれかになります。

だから、auのSIMロックならau回線の格安SIMを、ドコモのSIMロックならドコモ回線の格安SIMを選べば、そのまま使えるということです。

SIMロックのかかったスマホの方が安く手に入ったりもするので、あえて狙ってみるのも手です。

契約する格安SIMを先に決めてから、SIMロックのスマホをあえて狙うというのは賢い節約法かもしれません。

「いろんな回線が使えた方がいい!」って人は”SIMロック解除済み”を、「契約する格安SIMで使えればオッケー!」って人は”SIMロックがかかったスマホ”を選べば良さそうです!

ネットワーク利用制限にかかっていないか

iPhoneがネットワーク利用制限にかかっていないかを確認しましょう。

前の持ち主がiPhoneの端末の代金をきちんと払っていないと、ネットワーク利用制限がかかり通信できなくなります。

だから、持ち主が端末の代金を払い終えているiPhoneを買う必要があります。。

ネットワーク制限がかかっているかどうかは、IMEI番号(製造番号)を使ってチェックできます。

IMEI番号が出品者の商品説明になければ、コメントから聞きましょう。

iPhoneのIMEI番号は、「設定」から確認できます。

「設定」⇒「一般」⇒「情報」と進むと確認できます。

IMEI番号でネットワーク制限を確認するには、下記のdocomo、au、softbankのネットワーク利用制限の確認サイトを使います。

>>docomoのネットワーク利用制限を確認

>>auのネットワーク利用制限を確認

>>softbankのネットワーク利用制限を確認

確認サイトでIMEI番号を入力すれば、以下のような判定が出ます。

 

判定は○、△、×の三種類です。

〇:端末の代金が全て支払われており、問題なく使用できる

△:端末の代金が払っている途中。(もし持ち主が払わなかったら×になる)

×:持ち主がお金を払わなかったために、通信が止められている状態。

必ずネットワーク制限が〇の端末を買うようにしましょう。

 

バッテリー持ちは良好か

バッテリー持ちもチェックしましょう。

かなり使い込んだiPhoneだと、バッテリーが消耗している場合があります。「満タンに充電しても一日持たない!」ってこともありえます。

なるべくバッテリー持ちの良さそうなiPhoneを見つけたいところです。

良心的な出品者であれば、「使用期間は1年ほどです」や「バッテリー持ちは良好です」などの記載があるので参考にしましょう。

記載がなければコメントから質問してみましょう。

実は「バッテリーの消耗度合いを確認するアプリ」があります。

代表的ものとしては「Battery Life」などがあります。

こうしたアプリでバッテリーの消耗具合を出品者に確認してもらうのも手です。消耗レベルが低ければ一安心です。

心配な人は、購入を検討している旨を伝えた上で、アプリを使って確認してもらうことをお勧めします。

修理歴はどうか?~非正規品による修理に注意しよう

修理歴もチェックしましょう。

修理歴についてちゃんと書いている出品者は多くありません。

ですが、修理歴の有無は非常に大事なところです。

記載がなければコメントから確認しましょう。

正規のアップルストアで修理していれば、あまり心配する必要はありません。

しかし問題なのは、アップルストア以外の「非正規の修理」です。

例えば、「画面が割れたので、アップル製じゃない非正規のフロントパネルを使って修理した」といった場合です。

非正規品のフロントパネルは、アップル製に比べると、映りが悪く、画面が暗い感じがします。

また、バッテリーであれば、非正規品は劣化が早く、すぐにまた電池持ちが悪くなります

だからできることなら、非正規品で修理したiPhoneは避けるべきです。

iPhoneは他のスマホに比べると、非正規の部品も数多く出回っています。

構造的にも、簡単に修理できるので、非正規の修理したものが数多く出回っています。

そのため、いわゆる業者が、画面割れのiPhoneを仕入れ、修理して出品している場合も多く見受けられるので、購入の際には必ずチェックしましょう。

正常に動作するか

正常に動作するiPhoneなのか確認しましょう。

「特に動作に問題はありません」などの記載があれば、ひとまず安心です。

iPhoneで特に注意すべきはホームボタンです。

ホームボタンが浮き上がっている、へこんでいるなどの場合がしばしばあります。

また、ホームボタンの指紋認証が壊れている場合もあります(ふつうは記載があるはずですが)

とにかくiPhoneはホームボタンからガタが来ることが多いのです。

中古で買うときには、「不良個所はないか」、特にホームボタン、必ずチェックしましょう!

 

アクティベーションロック解除&初期化

「アクティベーションロック解除」と「初期化」の両方を確認しよう

iPhoneがアクティベーションロックが解除され、かつ初期化されているかを確認しましょう。

アクティベーションロックとは、盗難対策のロックのことです。

iPhoneが盗まれた際に、持ち主はapple IDから、「自分のiPhoneにロックをかけることができる」というものです。

だから出品して、持ち主が変わる際には、アクティベーションロックは解除されていなければなりません

必ずアクティベーションロックが解除したうえで、初期化されているのかを確認しましょう。

もし購入したiPhoneにアクティベーションロックがかかっていると、自分では解除できないので、面倒なことになります。

また、注意したいのは、初期化するだけではアクティベーションロックは解除されないという点です

アクティベーションロック解除と初期化の両方が必要になります。

初期化だけでは、アクティベーションロックは解除されないので注意が必要です。

「アクティベーションロック解除済」「初期化済」の両方の記載があるのかを確認し、なければコメント欄から質問するようにしましょう。

アクティベーションロック解除&初期化の方法

出品者の中には「アクティベーションロックって何?」という人もいます。

そのような出品者でも、良い条件の商品であれば、できれば購入したいと考えるのではないでしょうか。

そんな時は、出品者にアクティベーションロック解除と初期化をして貰ってから売ってもらうようにしましょう。

iCloudからサインアウトするとアクティベーションロックは解除されます。

もちろん「iPhoneを探す」を探すをオフにすることでも、アクティベーションロックの解除は可能です。

アクティベーションロックの解除はiOSのバージョンがが古いか新しいかで微妙に異なります。

以下を参考にしてみてください。またApple公式のこちらにもアクティベーションロックについて詳しく書かれているので参照してみて下さい。

iOS 10.3 以降

  1. 「設定」>「[ユーザ名]」の順にタップします。
  2. 下にスクロールして「サインアウト」をタップします。
  3. Apple ID のパスワードを入力して、「オフにする」をタップします。
  4. 「設定」に戻ります。
  5. 「一般」>「リセット」>「すべてのコンテンツと設定を消去」の順にタップします。

iOS 10.2 以前

  1. 「設定」>「iCloud」の順にタップします。
  2. 下にスクロールして「サインアウト」>「サインアウト」の順にタップします。
  3. 「iPhone から削除」をタップし、パスワードを入力します。
  4. 「設定」に戻ります。
  5. 「一般」>「リセット」>「すべてのコンテンツと設定を消去」の順にタップします。

チェックポイントまとめ

メルカリでiPhoneを買う時のチェックポイントをまとめると、以下の通りです。

✓SIMロックが解除してあるか?
✓ネットワーク利用制限にかかっていないか?
✓バッテリー持ちは良好か?
✓修理歴はないか?
✓正常に動作するか?
✓アクティベーションロック解除&初期化はされているか?

チェックポイントを押さえて納得のいくiPhoneを探してみてください。

中古iPhoneで賢く節約するなら同時に、格安SIMの回線を利用するのがおすすめです

中古iPhoneを格安SIMで使えば、2年間で10万2千円の節約!

中古スマホを買ったなら、格安SIMで回線を契約するのが断然お勧めです

今まで、スマホはキャリアと契約時に買っていたから、大手キャリアと契約するしか選択肢がなかったという方は多いと思います。

中古でスマホを買ったなら、大手キャリアとの契約に縛られる必要はありません

格安SIMで契約すれば、2年間で10万円以上の節約もが可能です。

格安SIMでイチオシはUQモバイル

UQモバイルとソフトバンクの料金を比較してみましょう。

2年間の支払い金額を比較しました!

 

同じサービス内容で比較すると、月々の料金は半額以下になりました。

2年間の支払金額は10万2千円も安くなりました

2年毎に海外旅行に行けるぐらい安くなっています!

UQモバイルがなぜお勧めするかといえば、金額もそうですが、なんといってもサービスの質です。

「格安SIMで最速の通信速度」 & 「顧客満足度No.1のサービス品質」で、UQモバイルのサービスの質は大手キャリアに引けを取りません

中古iPhoneを買うなら、UQモバイルでお得に節約しましょう!

大手キャリアの高額な料金は損をするばかり・・・。

思い立ったら吉日、善は急げです!!

-UQモバイルでiPhone

Copyright© ぼくのわたしのUQモバイル , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.