そのほか

【怪しい?】格安SIMの料金が安い理由【詳しく解説】

更新日:

格安SIMの料金、安いですね!

大手キャリアと比べると「半額になった!」「4000円安くなった」という声も多いです。

でもこれだけ安いと怪しいって思いませんか?

むしろ怪しいと思うのが普通かもしれません。

格安SIMが料金をこれだけ安くできるのには、実はちゃんと理由があります

格安SIMって「なんでこんだけ安くできるんだろう」という疑問にお答えします!

理由①:通信回線を大手キャリアに借りているから

通信回線を自分で持っているか」が格安SIMと大手キャリアの一番の違いです。

大手キャリア ⇒ 自分で回線を持っている

格安SIM ⇒ 大手キャリアから回線を借りている

大手キャリアは回線の全ての設備を自前で持っています。

一方、格安SIMは大手キャリアから回線設備を一部または、ほぼ全てを借りてサービスを提供しています。

本来は膨大な費用となる通信設備の設備投資・維持管理の費用が、格安SIMにおいては掛からないため、ユーザーが払う料金も安くなるというわけです。

ただし借りものの回線を使うため、通信速度はどうしても少し遅くなります。

借りている回線は通信帯域が狭いのです。

大手キャリアが「10車線の道路を持っている」とすると、格安SIMは「その中の2車線だけ借りている」ようなイメージです。

空いている時間帯ならどちらも差がないですが、混雑時になるとやはり格安SIMは渋滞し、速度が遅くなってしまいます

したがって回線を借りているという性質上、格安SIMは「料金が安い」「通信速度が低下することがある」という特徴があるというわけです。

理由②:格安SIMはシェア競争の真っ最中だから

大手キャリアがドコモ、au、ソフトバンクの3社の寡占状態にあるのに対し、格安SIMは大小入り乱れてのシェア争い、戦国時代の真っ只中です。

大手キャリアが価格を吊り上げる一方で、格安SIMは生き残りをかけての価格競争を繰り広げています。

そのため大手キャリアと、格安SIMの価格差は開くばかり。

しかしながら、安くなっているとはいえ、格安SIMのユーザーは全体の1割ぐらいです。

そのため、1割のユーザーを取り合う厳しい価格競争を繰り広げています。

その成れの果てが、「出血大サービスの価格競争」です。

一方大手キャリアは、格安SIMの煽りをを受けつつも、「大手キャリアは安心」「格安SIMは何か不安」という声が根強く、価格競争に激しくは巻き込まれていません。

そのため大手キャリアは、価格設定の見直しを迫られながらも、まだまだ強気の価格設定を打ち出しています。

今後も「大手キャリア ⇒ 強気の価格設定」「格安SIM ⇒ 出血サービス」の構造は続きそうです。

理由③:サービスが必要最低限だから

「人件費」と「広告費」を削減

格安SIMはサービスは、一言でいえば「必要最低限」です。

サービスの無駄をなくし人件費を抑え料金を下げることで、安さを売りにしてユーザーの獲得を目指すというスタンスです。

例えば、格安SIMは基本的に店舗がありません。

新規契約も機種変更も「Web申し込み」または「家電量販店の窓口」というところがほとんどです。

店舗をなくすと「人件費」や「お店の設備・維持の費用」が全てなくなるので、かなり節約できます。

困ったときのサポートサービスも「店舗」ではなく「Webから解決」「自力で解決」が基本姿勢です。

また、広告も大手キャリアほどたくさんは流さず、広告費も抑えるところが多いようです。

人件費と広告費の削減という点では「ネット保険」が安いのと同じ構造です。

無駄なサービスを排し、合理化、効率化をすすめることで料金を抑えるという流れがあらゆる業界に来始めているようです。

異彩を放つサブブランドの存在【UQモバイルとワイモバイル】

質素倹約・合理化を進める格安SIMの中にあって、異彩を放つのがUQモバイルとワイモバイルというサブブランドの存在です。

こちらはCMもけっこう流しますし、街中の実店舗も持っています。

だから、格安SIMよりも少し高い価格設定、大手キャリアに迫る通信品質とサービスを持つ「中間的な存在」などと言われます。

ですが、実際にはUQモバイルやワイモバイルの価格は、格安SIMの最安の水準とほとんど変わりません。

それでいて、通信速度とサービスは格安SIMの中で頭一つ、二つ抜けているわけですから非常にコストパフォーマンスが高いと言えます。

これもUQモバイルのバックにはau、ワイモバイルのバックにはソフトバンクがいて、後ろで猛烈にプッシュしていからに他なりません。

まとめ

以上、格安SIMが安い理由を紹介しました。

まとめると以下の通り。

● 回線の設備を借りているから

● 激しい価格競争があるから

● 人件費・広告費を削減しているから

格安SIMが安いのは「怪しい」ことはなく、キチンとした理由があるということが分かりました!

価格が据え置きの大手キャリアよりも、今こそ、価格競争の真っ只中の格安SIMに乗り換えてみてはいかがでしょうか?

UQモバイルの申し込みの方はこちら

●  UQモバイル公式ページ

● キャッシュバック申し込み専用ページ【公式】

-そのほか

Copyright© ぼくのわたしのUQモバイル , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.