UQモバイルでiPhone

iPhone SEが一番安いのは「UQモバイルの9700円」|ワイモバイルなどと比較

更新日:

「iPhone SEが欲しいけど、どの格安SIMで買うのが安いんだろう?」って人って多いのでは?

格安SIMで分割払いでスマホを買うと「スマホの本体にいくら支払っているのか」という”実質負担額”が見えづらくなりがちです。

でもどうせだったら、できるだけ安くiPhone SEを手に入れたいし、安心して使える格安SIMで契約したいですものですよね。

そこで、この記事では、

・ iPhone SEってどんなスマホか?

・ どの格安SIMでが、一番安くiPhone SEが手に入るか?

についてまとめています。

iPhone SEってこんなスマホ!

iPhone SEは「コンパクトで安いiPhone」

iPhone SEは、一言で表せば「小さくて、安いiPhone」です。

iPhoneの中でも、安くて使い勝手が良いのがiPhone SEです。

なので、「はじめてスマホをもつ」「シンプルに気軽にスマホを使いたい」という人にピッタリです。

価格の高くて最先端の性能をもつアップル製品の中にあって、iPhone SEは、「安くて使いやすい」をコンセプトにした誰にでも使いやすい、優しいスマホといえます。

iPhone SEのデザインは、iPhone 5sと同じ

iPhone SEは、iPhone 6Sの後に発売されましたが、あえてiPhone 5Sのデザインに戻して発売されました。

iPhone 6Sはサイズが大きく、画面がデカいですが、逆に言うと「片手で操作するには余裕が少ない」「ポケットに入れるには少し大きい」などのデメリットが出てきました。

そこで、iPhone SEはあえて、小さめのiPhone 5sのデザインに戻すことで、「小さくと使いやすい方がいい」って人に向けた機種となっています。

デザインはiPhone 5sに戻しましたが、性能はiPhone 6sと同等なので、快適にサクサクと動作してくれます。

iPhone SEの性能は、なかなか良い

2018年現在でも、iPhone SEの性能は、まだまだ高い方です。

スマホの性能を示すベンチマークを見ると、いわゆる格安スマホの2倍近い数値があります

iPhoneSEのベンチマーク:13万点

格安スマホ:5万点~8万点ぐらい

最新機種:17万点~20万点ぐらい

格安スマホより性能が良いけど、最新機種に比べると少し劣るぐらいといった位置づけです。

「価格が安く、性能もそこそこ」というのがiPhone SEです。

価格と性能のバランスに優れた機種といえます。

 

iPhone SEが一番安いのはUQモバイルでした!

iPhone SEが安いのはUQモバイルとワイモバイル

iPhone SEを一番安く買えるのは、UQモバイルです。

下の表は、iPhone SEが買える格安SIMでの、販売額です。

  16GB 32GB 64GB 128GB
UQモバイル 9700円 12100円
ワイモバイル 9800円 21800円
BIGLOBEモバイル 15600円 31200円
楽天モバイル 27800円 46800円

▲2018年6月現在

iPhone SE(32GB)は、ワイモバイルと100円差ながら、、UQモバイルが最安となっています。

さらに、iPhone SE(128GB)にいたっては、UQモバイルがとびぬけて最安となっています。

このように、「iPhone SEの本体価格が安いのは、UQモバイル」という結果になっています。

でもワイモバイルも9800円とかなり安く、僅差になっています。

では、格安SIMのサービスの質なども含めると、どっちがお勧めでしょうか?

UQモバイルとワイモバイル、比較してみましょう

UQモバイルとワイモバイル、通信速度ならどっち?

UQモバイルとワイモバイルの通信速度は、格安SIMの中でぶっちぎりです。

不動のツートップといったところです。

なので、UQモバイルとワイモバイルなら、iPhoneSEの価格だけでなく、通信速度も互角といえます。

それじゃあ、iPhone SEとセットで契約するなら、結局どちらが良いのでしょうか?

決め手は、料金プランです。

UQモバイルvsワイモバイル|決め手は「無料通話の違い」

UQモバイルの無料通話プランには、「毎月決まった時間までなら、通話無料」のプランがあります。

毎月の無料通話の時間は、60分、120分、180分から選べます。

【UQモバイルのおしゃべりプラン】

 

一方、ワイモバイルの無料通話プランは「10分までなら何度でもかけ放題」というプランです。 

【ワイモバイルのスマホプラン】

UQモバイルとワイモバイルのプランを見比べると、無料通話以外は非常によく似たサービスとなっていることが分かります。

ただ、この無料通話の違いが、大きな違いです。

ワイモバイルの10分までならかけ放題のプランの弱点は、「長電話に弱い」ということです。

例えば、30分の長電話を一回してしまうと、通話料として800円がかかってしまいます。30秒20円の通話料がかかります。

一方、UQモバイルのプランなら、長電話にも対応できます。

もちろん、10分以内という短い通話であれば、十分な回数の電話がかけられます。

無料通話の違いは、細かい違いですが、通話料にしっかり差が出るので、本当にお得なのはUQモバイルであると私は考えています。

 

まとめ

結論としては、以下のとおりです。

● 一番安くiPhone SEが買えるのは、UQモバイル。ただし、ワイモバイルと僅差。

● さらに、「通信速度がピカイチ」「便利な料金プランがある」という理由から、UQモバイルでiPhone SEを買うのがベスト

UQモバイルは、通信速度が速いだけでなく、顧客満足度1位を獲得するほど行き届いたサービスを提供しています。

だから、iPhone SEを買うのであれば、UQモバイルがオススメです。

-UQモバイルでiPhone

Copyright© ぼくのわたしのUQモバイル , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.