乗り換え

UQモバイル|初めの月は日割り計算!月末の乗換えがお得!ベストな申込日は?

[st-kaiwa1]UQモバイルっていつ申し込むのが一番お得なのかな?[/st-kaiwa1]

[st-kaiwa2 r]月末の申し込みがお得だよ![/st-kaiwa2]

UQモバイルは月末申し込むと、ちょっとお得に利用できます!

利用としては

初めの月は日割り計算

月末でも1か月分のデータ容量が貰える&繰り越せる

つまり31日に利用開始すると、1日分の日割り料金で1か月分のデータ容量がもらえるということです。

しかもそのデータ容量は、まるまる繰り越せます。

この記事では、お得に申し込むために「UQモバイルの日割り計算」について解説しています。

UQモバイルの日割り計算

「利用開始日」から日割り計算となる

UQモバイルは、初めの月は、「利用開始日」からの日割り計算で料金が発生します。

利用開始日は、申込日とは異なります。

利用開始日は

▼MNP(乗換え)の場合

回線切り替えを行った日

▼新規契約の場合

初めて通信・通話を行った日

となります。

MNP(乗換え)の場合には、回線切替を行った日が利用開始日となります

回線切替は、SIMカードが届いた後の初期設定で、ご自身でUQモバイルのマイページから行います。

回線切替が済むと前のキャリアからUQモバイルへ回線が切り替わり、UQモバイルでの通信が開始されます。

一方、新規契約の場合には、SIMカードを挿して、通信・通話を開始した日が利用開始日となります。

いずれにせよ、通常SIMカードが届いた日が利用開始日となるでしょう。(もちろん通信開始を意図的にを遅らせる手はあります。)

月末でも貰えるデータ量は1か月分

月末に申し込んだ場合でも、もらえるデータ量は1か月分です。

極端な話、31日に利用開始したなら、1日分の料金で1か月分のデータ量が貰えます。

おしゃべりプランMだったら1日分の103円で6GBのデータ容量が貰える計算です。

このデータ容量は全て翌月に繰り越し可能です。

UQモバイルでは余ったデータ容量は翌月に繰り越し可能です。

ただし繰り越しできるデータ容量には上限があり、「毎月貰えるデータ容量と同容量まで繰り越し可能となっています。

例えば、おしゃべりプランMなら毎月6GB貰えるから、最大で6GBまで繰り越し可能というわけです。

貯金が多くても、繰り越しできないということです。

初めの月に関しては、貯金がないので全てのデータ容量が繰り越し可能です。

安心して月末に申し込むことができます。

 

利用開始日から逆算して申し込みしよう!

UQモバイルにWeb申し込みしてから、SIMカードが届くまでに1日~3日ほどかかります。

配送にかかる日数分だけ早めに申し込む必要があります。

最低でも3日、余裕を見て1週間など、月末に利用開始することから逆算して申し込み日を決めると良いでしょう。

ここで気を付けたいのが大手キャリアの請求締め日です。ソフトバンクに関していうと、月末の乗り換えでお得になる場合と、ならない場合があります。

ドコモ、auに関しては、月末締めなので特に問題ありませんが、ソフトバンクに関しては、10日締め、20日締め、月末締めの3パターンが存在し、月末に解約すると損な場合もあるのです。

大手キャリアの「締め日」についても、ちょっと確認していきましょう。

 

大手キャリアの締め日

 

ドコモ、auの締め日は月末です。

ソフトバンクの締め日は10日締め、20日締め、月末締めの3通りがあり、契約時に指定されています。ソフトバンクの締め日はMy SoftBankから確認できます。

▼My SoftBankでの締め日の確認方法

  1. お支払日を確認したい携帯電話番号で My SoftBank にログインします。
  2. 「料金・支払い管理」を選択します。
  3. 「請求締日」「支払期日」でご確認いただけます。

ソフトバンクの場合は月末乗り換えよりも、締め日に合わせて乗り換えるほうが、むしろお得になりそうです。ドコモ、auに関しては、月末の乗り換えがお得です。

ちなみに、大手キャリアは基本的に日割り計算はありません。

なので解約月も締め日いっぱいまで使った方がお得になります。

 

まとめ

▼ドコモ、auから乗り換え

⇒月末の乗り換えがお得!

大手キャリアで月末まで余すことなく利用できる

UQモバイルで日割りで数日の料金で一か月分のデータ量が貰える

▼ソフトバンク

⇒請求締め日より前の乗り換えがお得

大手キャリアでの料金を抑えるのが最優先

乗り換え時は、ちょっとの工夫で大きな節約・効果が見込めたりします。

ぜひお得に乗り換えを進めてみて下さい!